足首・足が痛い |岐南町|しみず整形外科リハビリクリニック

足首・足が痛い |岐南町|しみず整形外科リハビリクリニック

診察時間・アクセス

しみず整形外科リハビリクリニックの診療時間しみず整形外科リハビリクリニックの診療時間

診察時間 日/祝
9:00 - 12:00
16:00 -19:00

電話058-248-6011

住所岐阜県羽島郡岐南町上印食5丁目108-1

診察時間・アクセス

採用情報

しみず整形外科リハビリクリニック 診察の様子

最新の設備と
的確なアドバイスを。

足は、日常的に使う部位のため、足首をひねってしまった、変形した足が痛いなどの症状があると辛いと思います。
しみず整形外科リハビリクリニックでは、理学療法士による最新の設備でのリハビリテーションと、普段の生活や薬の服用に関する的確なアドバイスで、下肢の症状改善に繋げます。

しみず整形外科リハビリクリニック リハビリの様子

このページでは、足首・足に痛みが現れる代表的な病気の症状、原因・病態、治療方法などを紹介しています。

「足が痛い」「思い当たる症状がある」という方は、当院にお越しください。病気やけがからの回復、そして発症予防に取り組み、健康な生活のお手伝いをいたします。

正式な原因や治療法を判断するには医師による診察が必要になります。あくまで目安としてお読みください。

診療メニューMenu

足関節捻挫(足関節外側靭帯損傷)

足関節捻挫(足関節外側靭帯損傷)そくかんせつねんざ(そくかんせつがいそくじんたいそんしょう)

-症状-
足首をひねって、関節を支持している靭帯を痛める怪我です。足首の捻挫は、多くの場合足首を内側にひねっておこりますので(うち返し捻挫)、足首の外側の靭帯が傷みます。外くるぶしの前下方に痛みが起こります。痛みで体重がかけられなかったり、腫れが強かったり、皮下出血が多い場合は重症の可能性があり注意が必要です。(時に足関節骨折であることがあります。)

-原因・病態-
スポーツ中にジャンプの着地で人の足の上にのったりして、足首を捻ることによって起こります。スポーツだけでなく仕事や日常生活でも、くぼみや段差で足をとられたりして起こります。

-治療-
受傷直後の現場では、RICE(安静、冷却、圧迫、挙上)処置を行います。
軽症の場合はバンデージやサポーターで治療を行います。症状の程度に応じて、U字キャストやギプスによる固定を行うこともあります。固定除去後はサポーターなどで保護しながら、足関節の動きを回復させ、再度の捻挫を予防するために足関節周囲筋の筋力訓練を行います。

 

外反母趾

外反母趾がいはんぼし

-症状-
足の親指(第1趾・母趾)が体の外側に曲がって変形(外反)し、指の付け根内側が突出し、その部分が靴の中で圧迫され痛みを生じます。足の裏にタコ(胼胝(べんち))ができて痛みを伴ったり、外反した母趾がとなりの指を押したり重なったりすることで、第2趾や第3趾に変形や痛みを生じることもあります。

-原因・病態-
外反母趾の発生には、

  • 生まれつきの足の形(第2趾よりも第1趾の長いエジプト型の足が外反母趾になりやすいです)
  • 履物(先の細い靴やハイヒールなど踵(かかと)の高い靴を長時間はくと、体重の三分の一が足の前方部にかかり、足の指に強い圧力がかかります)
  • 加齢(肥満や筋力低下により足のアーチがくずれます)

などが関係しています。

一般人が靴を履かなかった時代、外反母趾になるのは一部の高貴な身分の人のみでしたが、第2次世界大戦後から多く見られるようになりました。

-治療-
見た目とレントゲン撮影で判断します。外反母趾診療ガイドラインでは、外反母趾角(母趾の骨と中足骨とのなす角度)が20度以上で外反母趾と診断します。20度~30度が軽度、30度~40度が中等度、40度以上が重度に分類されます。

 

保存治療

  • 先の細い靴やハイヒールなど、母趾を外側へ圧迫するような靴を履くことは、極力避けることが大切です。必要時以外は、スニーカーや踵の低い靴を履くようにしましょう。
  • 運動療法として、足指を使った体操が有効です。足指を使ったジャンケン(グー・チョキ・パー運動)、手を使って外反母趾を矯正する方向へ母趾を動かす運動、ゴムひもを使った体操、床に広げたタオルを足指でたぐり寄せる体操(タオル寄せ運動)などが有効です。短時間(10-20分)を、毎日行うことで、変形の進行を予防することができます。
  • 装具療法として、足の土踏まずや横アーチを高くした矯正装具などを用います。

 

手術治療
上記の保存治療を行っても効果が十分でない場合に手術療法を考慮します。変形の矯正には、最も効果が期待できます。骨切り術により外反母趾を矯正します。提携先病院を中心に、十分な手術実績のある高次医療機関の医師をご紹介いたします。

足底腱膜炎

足底腱膜炎そくていけんまくえん

-症状-
朝起きて最初の1歩を踏み出す時に、踵(かかと)の内側前方に痛みを感じます。同様に、長らく椅子に腰掛けたのちの歩きはじめにも踵が痛みます。我慢して歩くうちに痛みが徐々に和らぐことがあります。夕方になって歩く量が増えてくると、再び痛みが強くなってきます。

同様の症状がスポーツ活動の際にもみられます。ランニングの開始時に痛みを感じ、運動を続けるうちに徐々に和らぎ、長距離を走ると再び痛みが強くなります。

-原因・病態-
足底腱膜は足底にあって足の縦アーチを保持しており、その骨の付着部位には、強い牽引力(引っ張る力)とともに着地時の荷重による衝撃(圧迫力)の両方が加わっています。長時間の立ち仕事や歩行、靴の不適合、スポーツ(ランニングやジャンプなど)により過度の負荷がかかります。中年期の女性であれば、筋力低下や体重増加も負荷を大きくします。

縦アーチを崩す、伸ばすような負荷が繰り返しかかることにより、足底腱膜の付着部にストレスが集中して微小外傷(小さな傷)や変性が起きて痛みが生じます。

初期には足底腱膜の付着部に微小外傷があらわれます。進行にともなって、石灰化・骨化といった変化が見られるようになり、レントゲンで骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨のトゲがみられることもあります。

-治療-

  • 足底腱膜が踵の骨に付着する部位に圧痛(押さえた時の痛み)があります。
  • 歩きはじめ及び長時間の歩行・走行時のいずれかに、足底腱膜の付着部周囲に痛みがあらわれます。

上記のような症状が認められた場合、足底腱膜炎と診断されます。

治療は、

  • 消炎鎮痛剤の内服や外用薬(湿布や塗り薬)を用います。
  • アキレス腱や足底腱膜のストレッチを行います。
  • 踵の痛みのある部位に衝撃吸収材を用います。
  • 最も痛む部位に部分的な凹みを施した靴の中敷きを用います。
  • 痛みが非常に強いときは局所注射(痛み止めや炎症止め)を行います。

上記の治療法を、組み合わせながら行います。

足底挿板(そくていそうばん)は、適当に穴をあけてもらったものを用いると、かえって痛くなることもあります。整形外科の医院・病院で、ご自分の足に合わせて型をとってもらい、もっとも痛む場所を良く調べて作ってもらうことが大切です。
当院では、義肢装具士による足底挿板やコルセット等の作成を行っておりますので、どうぞご相談ください。(義肢装具士は、義肢及び装具の装着部位の採寸・採型、製作及び身体への適合を行うことのできる国家資格です)

足底挿板を用いることで痛みが取れてきたら、外して保管しておいてください。再び痛むことがあった場合は、保管しておいた足底挿板を使用してください。